これまでのキャッチアップタイム

2023年11月の記事一覧

第13回「イライラを爆発させないために」(2023/10/31実施)

これまで「気持ちを言葉であらわそう」や「空気を読む」など、感情をコントロールすることを学んできましたが、

「喜怒哀楽」の中で、コントロールをするのが難しいのは「怒り」の感情ですよね。最近では、すぐに「キレる」人 も多くなってきましたが、以前は「堪忍袋の緒が切れる」という言葉を使っていました。                   

 自分の心を「袋」に例えて、堪忍(怒りを抑えて、他人の過ちや無礼を許すこと)しては「堪忍袋」にためてきました。「堪忍袋」の許容量を越えて袋がいっぱいになり、緒(紐)が切れてしまった状態を指し、「こらえていた怒りが限界に達し、爆発する」ことを意味しています。今回のCUTでは「イライラを爆発させないために」ということで、「イライラをためないポイント」として①「誰かに話しわかってもらう」②「自分で気持ちを切り替える」をグループで実践してみました。人に話したり、深呼吸をしたりすることで、イライラが小さくなることを確認しました。

 

 ストレスに対処する防衛機制では「昇華」として、トラブルの原因になる感情を別の形に置き換え、不適応を減らしていきます。イライラしたときに、イライラを減らす自分なりの方法を考えておきましょう。

0

第12回キャッチアップタイム(2023/10/24実施)

第12回のテーマは「LINEでコミュニケーションをとるために」です。

 

前回までは対面でコミュニケーションをとる時のポイントを学んできました。

今回は「LINE」によるコミュニケーションを学んでいきます。今やスマート

フォンはなくてはならないツールとして多くの人が利用しています。元々の

機能である「電話」「メール」の他に「音楽」「動画」「ゲーム」「クラス

ルーム」「インスタ」など、様々な利用方法があります。今回はその中から

「LINEによるコミュニケーション」をとりあげます。「LINE」によるコミュニケーションは対面より難しく、トラブルになることがよくあります。「LINE」もコミュニケーションツールの一つなので、相手のことを考えなければなり ません。「自分だけでわかった」つもりになっていたり、「一方的に送信」したりするのでは「対話」になりません。              当然「悪口を書きこむ」べきではありません。

便利なツールですが、絶対に使用しなければいけないものでもありません。できれば、対面で直接コミュニケーショ ンを深めましょう。

 

 

0