これまでのキャッチアップタイム

2023年5月の記事一覧

第2回キャッチアップタイム(2023/5/16実施)

Aコースの第2回目は「こころをつなぐあいさつ」でした。

まずは導入として、「あいさつをするといいこと」を考えました。「あいさつの目的」「あいさつをするとどのようないいことがあるのか」を考えてみました。

 ①コミュニケーションのきっかけとなる。

 ②心の距離を近づけてくれる。

 ③印象がよくなる。

 

その後、さまざまなあいさつのモデルを見て、「あいさつのポイント」を考えました。

 ①声の大きさ … 「びっくりするような大声」や「ぼそぼそと話す小声」ではなく、「はっきり」伝わるように。

 ②表情 … スマホ見ていたり、下を向いていたりでは「相手との距離」は縮まりません。「笑顔」で「相手の顔」     

       をみて「あいさつ」をしよう。

 ③体の動き … 「あいさつする人に体」を向け、「相手と適度な距離」をとり、あいさつをしましょう。近づきす  

         ぎたり、遠すぎたりではなく、「あいさつが不自然にならない距離感」が大切です。相手との距離  

         があるときは、まずは目を合わせて軽く「会釈」をします。その後相手が近づいてきたら、「はっ 

         きり」と「笑顔」で声がけをしてみましょう。

ポイントが確認できたら、各グループに分かれて、「あいさつ」の練習です。「朝のあいさつ」や「別れのあいさつ」、「先生」や「友だち」とのあいさつなど、いろいろな場面を設定して練習しました。

 

 「あいさつ」は「人の心を近づける力」となります。社会に出たら多くの人と接することになります。学校は「小さ  

 な社会」です。まずはクラスや学校でしっかりとあいさつをすることから、始めてみましょう。

  

0

第1回キャッチアップタイム開催

今年度も、3コースに分かれて「キャッチアップタイム」が行われました。

 

Aコースの第1回目は、「自己紹介をしよう」です。

ソーシャルスキルトレーニング(SST)として、自己紹介の時に注意することを学びました。

まずは、「自己紹介のポイント」 ①声の大きさ、②表情、③姿勢、④距離、⑤視線 を確認し、

その後グループ内で実際に「自己紹介」を行ってみました。先生やグループ内の仲間からよかった点などをフィードバックしてもらい、日常生活における「自己紹介」の場面で生かせるようにしました。

 

Aコースでは、今後もソーシャルスキルやコミュニケーション力のアップを目指して、学んでいきます。

 

0