ブログ

1学年 ライフサイクルゲーム

1年生の授業で、「ライフサイクルゲーム」を行いました。

「ライフサイクルゲーム」とは、すごろく形式のゲームを楽しみながら結婚・住宅購入などのライフイベント、病気・ケガ等のリスク、振り込め詐欺や架空請求といった消費者被害事例等、人生を疑似体験することができる消費者教育・金融保険教育教材です。

 

一部ですが、生徒の感想を紹介します。

「ライフサイクルゲームを通して、消費者トラブルや老後の問題、お金の使い方について知ることができました。」

「今のことだけではなく、老後のことや保険のこと、住宅ローンなどについて、早い段階から考えておいた方がいいと思った。」

「住宅をローンで買うのか、賃貸住宅に住むのかで、年をとってから出費に差があることがわかった。」

「自分の将来のために、病気をしたときや、結婚をしたときなどのことを考えようと思いました。」

「クーリングオフ制度など、今までいまいち分からなかったものが多かったけど、クイズ形式でやってみたら楽しくて分かりやすかったです!」

 

生徒たちは今後の人生において、どんな場面でどのくらいのお金が必要になるのかということを、ゲームやクイズを通して、わかりやすく学ぶことができました。