ブログ

橘の今 2024

進路ガイダンスが行われました。

7月11日(木)に全学年で進路ガイダンスが行われました。 

1学年は、ワークショップや、職業別の進路ガイダンスを行いました。

1時間目は、各HR教室で配信による全体講演会が行われました。将来自分に適した職業を選択するための「職業理解」と「自己理解」についてお話をしていただきました。

2時間目は、「ワーカルタ」というかるたを使って、世の中にはどのような職業があるのかを学びました。生徒は聞いたことのない職業に、興味津々の様子でした。また、絵札の裏には進路ガイダンスやオープンキャンパスの際に質問するとよいことが書いてあり、生徒にとっては、それらも大いに参考になったようでした。

3・4時間目は専門学校の先生方による、職業別説明会が行われました。各教室で、様々な職業に関するお話をしていただきました。生徒はメモ用紙の裏面までいっぱいに埋まるほど、メモを取っており、とても真剣に話を聞いている様子でした。

「まだ1年生だから…。」と言わずに、夏休み中にオープンキャンパスに出かけたり、興味のある職業について調べたりして、進路活動への関心をどんどん高めていってほしいと思います。

             ワーカルタの様子

 

            職業別説明会

 

2年生対象の進路ガイダンスでは分野別説明会が行われ、それぞれの進路の特徴、高校生活で頑張るべきことについてのお話があり、メモを取りながら熱心に聞いている姿が見受けられました。その後進学希望者はオープンキャンパスに向けワークシートの作成、就職希望者は求人票の見方の学習に取り組みました。進路を考える良い機会になったと思います。

            分野別説明会

 

3学年では希望する分野にかかわらず、ほとんど全員が経験することになる面接試験への準備として、前半は自己PR文の作成、後半は実際の面接の練習を行いました。本格的な面接の練習は初めてです。どの生徒も真剣に取り組んでいました。

             自己PR文の作成 

 

              面接練習

 

 

 

【地元】平方どろいんきょまつりに参加してきました!

小雨が降るなか、県指定無形民俗文化財「平方のどろいんきょまつり」で神輿をかついできました。豊年満作を祈り、悪疫退散を願った長い歴史を持つこのお祭りで地元の方々と親睦を深めました。本校を会場にして「どろいんきょ花火」も盛大に夜空を彩りました。

どろいんきょまつり①

 

 

 

 

 

 

どろいんきょ2

 

 

 

 

 

 

 

令和6年7月14日㈰開催

第1回学校評議員会・学校評価懇話会

6月21日(金)に第1回学校評議員会・学校評価懇話会が開催されました。

 

学校評価懇話会には生徒会役員の生徒が出席し、「将来なりたい「人物像」~社会で必要な力の育成~」というテーマで、グループ協議をしてもらいました。ここで話し合ったことが波及して、学校全体に行き届くといいですね。

 学校評議員の方々、お忙しい中お時間を作っていただき、また助言までしていただきまして、本当にありがとうございました。

 

美術・図工 各クラスが熱論!文化祭の出し物についてのロングホームルーム

みなさん、こんにちは。今日は文化祭の出し物についてのロングホームルームが行われました。各クラスでは、熱い議論が交わされました。それぞれのクラスがどんなアイデアを持っているのか、少しご紹介しますね。

2年4組では、アイデアがたくさん出すぎてクラス代表が困っていました。どれもジャンルが違う出し物でクラスを1つにまとめようと一生懸命でした。

2年3組は、クラスの出し物はすぐに決まっていました。そして、もうクラスTシャツを何にするか話し合っていました。どんなおそろいのクラスTシャツになるか楽しみですね。

2年5組は、タブレットを活用して出し物の投票をしたり、どんな出し物にするかイメージを共有するためにプロジェクターに映し出して話し合いをしていました。

今後も各クラスは熱心に準備を進めていきます。文化祭当日、皆さんがそれぞれのクラスの出し物を楽しんでいただけることを、心より楽しみにしています。それでは、また次回の更新でお会いしましょう。

車 交通安全について学びました!

本日、交通指導安全講習会を開催しました。この貴重な機会を通じて、交通安全に関する重要な知識を学び、より安全な学校生活を送るための取り組みを始めることができました。

講師として、日本自動車連盟(JAF)から専門家をお招きしました。豊富な知識と経験をもって、交通安全についてわかりやすく説明してくださいました。生徒たちは話に熱心に耳を傾け、交通ルールや安全な運転・歩行の重要性について深く考えることができました。

講習会では、交通事故の実例やその原因、事故を防ぐための具体的な方法について学びました。特に、スマートフォンを使用した運転や歩行の危険性についての話や自分も加害者になりうるという話には、生徒たちも大いに関心を示していました。生徒たちは自身の行動が交通安全にどのように影響するかを理解し、より慎重な態度を心がけることが必要だと感じたようです。

この講習会を通じて、生徒たちは交通安全に対する意識を高め、自らも周囲の安全に貢献することの重要性を理解しました。今後も定期的に交通指導安全講習会を実施し、安全な学校生活の実現に向けて努力していきます。