これまでのキャッチアップタイム

これまでのキャッチアップタイム

ペーパータワーを作ろう

本日のキャッチアップタイムAコースでは、「ペータータワーを作ろう」という

授業を行いました。

ペーパータワーとは、A4サイズの紙30枚、ハサミ、テープを使ってグループごとに

高さを競うゲームです。今回は、ペーパータワーの高さを競いますが勝つためには

同じグループの人と相談する必要があります。そのときにこれまで習ったスキルである

「話の聞き方」「話し方」「あたたかい言葉かけ」「やさしく頼むこと」を

きちんと使って欲しいという狙いがこの授業にはが込められています。

授業後の生徒に感想を聞いたところ

「1回目より2回目の方が高いタワーができて嬉しかった」

「人の意見をちゃんと聞くことが大切だと思いました」と感想を述べていました。

 

 

0

悪いことや嫌なお願いを断るポイント

本日のキャッチアップタイムAコースでは、

「悪いことや嫌なお願いを断るために」を学習しました。

どうしても嫌なことを頼まれたときは、ただ断るだけではなく

① 相手の気持ちを落ち着かせるために「ごめんね」と伝えること

②「むり、できない、いやだ」とはっきり伝えること

③ どうしても上手くいかないときはその場を離れること

を学びました。

その後、実際の場面を想定して断る練習をグループごとに分かれて行いました。

社会で円滑に生きて行く上では、とても大切なソーシャルスキルだったと思います。

 

0

空気を読むとはどういうことだろうか

本日10月25日のキャッチアップタイムAコースでは、

「空気を読む」とはどういうことかを考えました。

授業の中で空気を読むとは

① 相手が嫌がることを想像して言わない・しない

② 相手がして欲しいことを想像してやってあげる・言ってあげる

ことであると学びました。さらにより具体的に

① 相手が好きなものを否定しない

② ネタバレをしない

③ 自慢をしない

④ しつこくしない

などがあると学びました。その後、具体的な場面を用いてどのような

態度で対応すれば良いのかを考えました。

空気が読めない行動に心当たりがある生徒もいた様で、とても良い経験になったかと思います。

 

 

0

違う理由を考えてみよう

今日のキャッチアップタイムAコースでは、

「違う理由を考えてみよう」という授業を行いました。

この授業では、クラスメイトに睨まれたり、無視されたりと感じたときに

違う理由を考えてみると気持ちが楽になるということを学びました。

実際に睨まれたり、無視されたということは多くなく、勘違いであることが

ほとんどなので違う捉え方をした方がトラブル防止になることを知ってもらえたと思います。

 

 

0

気持ちを言葉で表そう

本日のキャッチアップタイムでは「気持ちを言葉で表そう」という授業をしました。

人が持つ様々な感情を表す言葉を習ったあとにどんな場面でそれらの言葉が

使えるかを習いました。

今回の授業は、語彙を増やすことで感情をより冷静に伝えることを狙ったものです。

アンガーマネージメントの効果も見込めると考えています。

 

0

どこまで近づいていいのかな(パーソナルスペース)

本日9月13日のキャッチアップタイムでは、

「どこまで近づいていいのかな」というテーマでパーソナルスペースについて勉強しました。

 

・人それぞれこれ以上近づかれると不快に感じる距離(パーソナルスペース)がある。

・パーソナルスペースが広い方が良いとか狭い方が良いということではなく、

 人それぞれ異なるパーソナルスペースがあるということを知っておくのが大切。

・特に後から声をかけるときは、視界に入ってから声をかけた方が良い

 などを学びました。 授業後の生徒に感想を聞いてみました。

 

「同性かどうかで結構な差があると思いました。」

「たての関係のときと横の関係のときで差がありました。」

日々の生活に役立てられると良いですね!

0

6月28日のキャッチアップタイム

今日のキャッチアップタイム(Aコース)では

「やさしく頼もう」というテーマを学習しました。

同じ内容をお願いするにも言い方一つで相手の感じ方は変わってくるものです。

授業の冒頭では、お願いするときのコツを学習しました。

 

友達にやさしく頼むには

① 相手の都合を確認

② 困っていることを伝える

③ お願いしたいことを伝える

④ お礼を伝える

ということに気をつけることを習いました。次に習ったことが

実際にできるかどうか、グループごとに分かれて生徒同士で実演してみました。

期末テストが終わると文化祭準備が本格化します。

今日習った言い方に気をつけながら良い文化祭にしましょう。

 

0

6月21日(火)のキャッチアップタイム

今日のキャッチアップタイム(Aコース)では、

先生への相談の仕方を学びました。

 

授業の始めに4つのポイントの説明を受け、声の掛け方のお手本を見て学びました。

特に相手に突然用件を伝えるのではなく、まずは相手の都合を聞くことが重要であることを

確認しました。次にグループに分かれて、実際に練習をしました。 

授業後の生徒に感想を聞いてみたところ

「学校で良くあることなので参考になりました。緊張したけれど楽しかったです。」

 と言っていました。日々の学校生活に役立つといいですね。

0

6月14日のキャッチアップタイム

今日のキャッチアップタイムAコースでは「話すときのポイント」を学びました。

ただし今回は上級編という位置付けで、単に上手に言いたいことを発信するだけではなく

相手の立場も考えてコミュニケーションを取る練習をしました。

また、Bコースでは「友達トラブルを大きくしないために」という勉強をしました。

コミュニケーションのすれ違いで誤解が生まれることを学びました。

こういうことは生活の中でよくあることだと思います。

今日学んだことが学校生活で活かせると良いですね。

 

0

5月31日のキャッチアップタイム

本日のキャッチアップタイム(Aコース)では、「話をきけるようになろう」というテーマでSST(ソーシャルスキルトレーニング)を行いました。

冒頭では、話を聞くときのポイントの説明をしました。教師による話の聞き方の悪い例と良い例の演示を参考にして、実際に生徒の皆さんも聞き方の練習をしました。授業後の生徒に感想を聞いたところ

「聞き方のコツを守るといい印象になって相手が話しやすいと思った」

「あいずちとかは私生活でも使えると思いました」

という意見が聞かれました。明日からの学校生活に活かせると良いですね。

0