これまでのキャッチアップタイム

これまでのキャッチアップタイム

キャッチアップタイム 「やさしく頼もう」

6月25日(火)のアクティブコミュニケーションでは「やさしく頼もう」という授業を行いました。

学校生活の中で困ったことがあった時に、友だちにやさしく頼んだり、声をかけたりできるようになると安心ですね。

授業では、友だちに何かを頼むときの場面を先生たちの寸劇で見ましたが、距離感や言い方で印象が変わることを感じることができました。

やさしく頼む時のポイントを勉強した後に、4人グループに分かれて実際の場面(友だちに伝言を頼む・行事で仕事の手伝いをお願いするなど)を想定して練習をしました。

7月27日(土)の第一回学校説明会では、キャッチアップタイムの体験授業も行われます。

0

キャッチアップタイム 「伝えよう 聞いてみよう」「友だちトラブルを大きくしないために」

6月18日(火)

アクティブコミュニケーションでは「伝えよう 聞いてみよう」、ベーシックとチャレンジでは「友だちトラブルを大きくしないために」という授業を行いました。

「伝えよう 聞いてみよう」という授業では、自分の言いたいことだけを話すのではなく、相手の気もちも考えた話し方のポイントや、先生に話すときのポイントについて学び、グループに分かれて練習しました。

「友だちトラブルを大きくしないために」という授業では、第三者から「〇〇さんがあなたの悪口を言っていたよ」と聞かされた時、大きなトラブルにならないための対応の仕方について学び、隣の人と実際の場面を想定して練習をしました。

先生たちの寸劇を見る時も、セリフの練習をする時も、和気あいあいとした雰囲気の中で真剣に取り組んでいました。

0

1年生で、Kahoot!による学校生活クイズを行いました

4月30日(火)のキャッチアップタイムに、1年生の各クラスで、Kahoot!を使った学校生活クイズを行いました。

Kahoot!はオンラインで行う教育用ゲームで、キャッチアップタイムのソーシャルスキルの予習や、履修や修得などの進級卒業に関わる内容を、自分のスマホを使った〇✖クイズで学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10問のクイズに答えた後、答えの解説を行いました。

今年初めての試みでしたが、各クラスから歓声が上がり、生徒からもとても好評でした。

上尾橘高校では、今年の1・2年生から「無学年式AI×アダプティブラーニングすらら」も導入されますが、本校独自の学校設定科目キャッチアップタイムでも、生徒の「わかる、できる、自信をつける」経験を支援しています。

 

0

令和6年度 キャッチアップタイム体験授業を行いました

4月23日(火)の6時間目に、キャッチアップタイムの体験授業を行いました。

前半(または後半)は、アクティブコミュニケーションやベーシックで行うソーシャルスキルトレーニングの体験授業として「二人三脚で友だちが転んでしまった場面」を例にして、どのような言葉をかけるとよいのかを学び、そのあと2人1組になってお互いにあたたかい言葉をかける練習をしました。

 

 

 

 

 

 

 

後半(または前半)は、ベーシックの体験授業として地図の勉強を、チャレンジの勉強として今年から1年生で始まる「無学年式AI×アダプティブラーニングすらら」を使って速さの問題を体験しました。

 

体験授業の結果、一人一人が自分のニーズに合った授業を選ぶことになりますが、各コースには定員があるため、定員がオーバーした場合は別のクラスになる可能性があります。しかし、ソーシャルスキルトレーニングはどのコースでも学ぶことができるので、この1年でコミュニケーション能力を高めてほしいと思います。

 

0

第20回キャッチアップタイム(2024/02/13)

 今回で、今年度のCUTは最後となりました。そこで「ベーシック」「チャレンジ」のコースにも先週行った「見方を

変えて考えてみよう」をもらいました。「アクティブコミュニケーション」の最後の学習は「計画の立て方を知ろう」

でした。計画のポイントは「最後の時間から考える」こととして、遠足の班別行動を作成してみました。集合時間、移動時間、見学時間、昼食の時間など様々な要素を盛り込みながら一日の行程を考えてみました。

 今回の学習は、来年の修学旅行でのクラス別、班別のコースを決める時にも役立つものと考えます。また、行動計画

を立てることは、テスト勉強の計画を立てたり、プライベートで出かける時の計画を立てたりと面様々な場面で役立つはずです。これを機に計画を立てたり、見直したりすることを続けて欲しいです。

 今回のCUTが今年度最後でしたが、「あいさつ」から始まり、自分の気持ちを伝えることや感情をコントロールすること、人とのコミュニケーションの取り方、仲間と協力することなど、多くのことを学習してきました。これらを参考にして、よりよい対人関係、よりよい学校生活が築けるように、今後も頑張りましょう。

0

第19回キャッチアップタイム(2024/02/06)

 今回のCUTは「見方を変えて考えてみよう」でした。10数年前に札幌の女子高生が「前向きな言い方に聞こえる

言い方に変換してくれる辞典」として考えたものが、「ネガポ辞典」として話題になり、出版もされました。

 今回は自分が短所だと思っていることが、見方を変えることで長所に変えられるということを学習してみました。

まずは自分の短所野中で長所に変えたいものをいくつか書き挙げました。その後、それらを長所に変身させてみま

した。最後に、自分の「短所」が見方を変えることで「長所」になり得ると気づいたこと、これから伸ばしていき

たいものなどを各自が発表しました。

 「自分は短所ばかりでダメだ」とネガティブに考えてしまいますが、見方を変えてポジティブに前向きに受け止

める。そして自分の長所にかえられるよう伸ばしていくことが大切だと学ぶことが出来ました。

0

第18回キャッチアップタイム(2024/01/30)

「メモをとる」「電話をかける」に続き、今回のCUTは「待ち合わせの約束をしよう」がテーマです。

 学校行事や部活動で、校外に出かけることはよくあります。遠足、修学旅行、部活動の大会や練習試合、

その際に、友達と待ち合わせをして、一緒に行く人も多いでしょう。今回は「待ち合わせの約束」をする

時のポイントを学びました。当日の「遅れそう」や「合流できない」などのアクシデントへの対応も確認

することができました。

 

0

第17回キャッチアップタイム(2024/01/23)

今回は「電話をかける練習をしよう」です。

 現代社会はほとんどの人が携帯電話を所持しており、個人対個人でやりとりをすることが

多くなってきました。固定電話に掛けたり、出たりする機会が少ないので、今回のCUTでは

固定電話をかける際のポイントを学習しました。

 電話でのやりとりの流れを確認し、デモ機を使って実際にやりとりを行ってみました。

前回学習した「メモの取り方」も使い、不特定の方から電話がかかってきた時のポイントを

確認しました。皆、落ち着いて、応対ができていました。

0

第16回キャッチアップタイム(2024/01/16)

今学期のキャッチアップタイムはより実践的な内容を行います。

16回のテーマは「耳で聞いてメモをとろう」です。

 普段、耳から聞いた情報をメモするという機会は多々あります。今回は「聞くとき・メモするとき」に

注意するポイントを学びました。一般に、「いつ」「どこで」「だれに」「なにを」「なぜ」「どうする」

の5W1Hを意識すると、簡潔で効率的にメモをとることができると言われています。

 今回は「聞く」「メモをとる」を体験しながら、ポイントを学びました。

0

第15回キャッチアップタイム(2023/11/28)

今回は「協力する楽しさを知ろう」ということで、「ペーパータワーづくり」にチャレンジしました。グループ内でアイデアを出し合い、互いに協力していくことの楽しさを知ることができます。「ペーパータワー」は、グループに渡されたA4の紙30枚を、折る、切る、貼るなどの加工を行い、どのくらい積めたか、高さを競うものです。

 このタワー作りは、今まで学習してきたスキルである「意見を出すこと」「自分で考えること」「相手の意見に耳を傾けること」そして何よりも大事な「互いに協力し合うこと」を活かさないとできません。仕事の分担・協力などを考え協力していかないと高さのあるタワーはできません。

 このゲームを通じて、コミュニケーション能力がより高められたと感じました。「協力」して作業をするには、リーダー的な人、作業をしやすくサポートする人、互いに声を掛け合ってすすめることが必要です。ここまで2学期間、アクティブコミュニケーションの授業で学んだことが活かされていたと感じました。今後も、このようなコミュニケーションがとれるよう頑張りましょう。

 今回で、今学期のCUTは最後となりました。さらにコミュニケーション能力を高めれらるよう、3学期も進めてまいります。

 

 

 

 

0